トップページ
お問い合せ
理科教育講座の紹介
学部内容
大学院内容
事業の紹介
インフォメーション
既刊資料・雑誌
   
   
   

 

「スペースラボ in 仙台市天文台」開催のお知らせ
 ★仙台市天文台で宇宙の不思議に触れてみよう★ 
  実施場所 仙台市天文台 

 宮城教育大学の教員・学生が、仙台市天文台で実験教室を行います。 
 みなさんの参加をお待ちしています! 

【天動説 vs. 地動説】

 地球は動いているのか?止まっているのか?宇宙の中心はどこなのか?ガリレオの裁判でも有名な天動説と地動説の判断の一つに、惑星の逆行運動がありました。この逆行運動を机上で学習すると非常にムツカシイ。そこで、今回はみなさんに惑星になってもらいます! そうすると、惑星の逆行運動が見えるかも知れません!? 

  対 象:小学生(高学年)・中学生
  日 時:11月28日(土)  13時30分-16時
  申込締切:11月6日(金)

【地球誕生と植物の起源】

 地球はおよそ46億年前に誕生したといわれています。地球誕生から約10億年後に、光合成能力をそなえた細菌が初めて出現しました。しかし、現在私たちが目にする陸上植物はもっと後にならないと出てきません。本教室では陸上植物が含まれるスーパーグループ「プランテ」生物群の観察・実験をおこない、その起源にせまります。

  対 象:小学生(高学年)
  日 時:12月6日(日)  13時30分-16時
  申込締切:11月13日(金)

【はじめに光ありき。。】

 旧約聖書の冒頭(天地創造)から登場する光。その光の性質は非常に単純です。そして、最新科学はこの単純な性質を利用して成り立っています。今回は、小学校・中学校で習う光の性質(直進・反射・屈折)を出発点に、光の分光や通信まで、光の基本実験を中心に体験して実感してもらおうと思います。

  対 象:小学生・中学生
  日 時:12月19日(土)  13時30分-16時
  申込締切:11月27日(金)

【宇宙空間をミニ体験しよう】

 私たちがくらしている地球には空気がありますが、宇宙空間にはほとんどありません。地球表面の平均気温は約15℃ですが、宇宙空間は絶対零度に近い温度です。そのため、宇宙飛行士が宇宙空間で活動するときには、必ず宇宙服を着ています。今回は、簡単な真空装置や液体窒素を使って、宇宙空間の様子をミニ体験してみましょう。また、宇宙空間で輝く星々の観察方法を学び、天体観測をしてみましょう。

  対 象:小学生(高学年)・中学生
  日 時:12月20日(日)  13時30分-16時
  申込締切:11月27日(金)

  定 員   各20名
  参加費   無料
  お問い合せ 宮城教育大学スペースラボ in 仙台市天文台 事務局
        〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149番地
           TEL  022(214)3931
           FAX  022(214)3432
           e-mail spacelab@ml.miyakyo-u.ac.jp

 ポスター    pdf
 参加要項 ・申込書  word pdf 


助成 公益財団法人カメイ社会教育振興財団(仙台市)
Copyright(C) 2003 Division of Science Education.
Miyagi University of Education.